2020年01月20日

1/15 年中クラス5回目


新しい年を迎えて初めのプリプライマリークラスです。
DSC_0590.jpg
風邪の季節ですが、元気に来てくれてうれしいです。
DSC_0484.jpg
DSC_0485.jpg

今日のウェイティングタイムは、人形作り。
後ほどcraftで使うので、好みの模様の洋服を着せました。
DSC_0490.jpg
DSC_0492.jpg
のりで貼っていきます。少し難しそう。
DSC_0495.jpg
DSC_0497.jpg
みんなそれぞれにかわいい人形ができました。
DSC_0548.jpg
もう少し時間があるので、折り紙をしました。
飛行機を作って飛ばしてみます。
どんな形の飛行機がよく飛ぶのかな?
DSC_0500.jpg
DSC_0501.jpg
DSC_0505.jpg
DSC_0506.jpg

プログラムが始まりました。
いつものように手遊びと英語の歌を歌います。
今日はこんな小さな聖書を見せてもらいました。
DSC_0508.jpg
DSC_0511.jpg
お祈りも上手にできるようになりました。
DSC_0515.jpg
3つのおやくそくについてお話ししました。
みんなすっかり覚えて、だいじなことは何か自分から教えてくれます。
DSC_0523.jpg
DSC_0525.jpg

今日のバイブルタイムは「ふえた食べ物」でした。
親切な男の子が差し出してくれたお弁当を
神様が祝福してくださり、たくさんの人々の空腹を満たしたというお話です。
子ども達は真剣な表情で紙芝居のお話に聞き入っていました。
DSC_0526.jpg
DSC_0530.jpg
DSC_0531.jpg
DSC_0533.jpg
DSC_0534.jpg
DSC_0538.jpg

次は英語Activityです。
今日は、Clothingがテーマです。
色々な身に着けるものをお勉強します。
DSC_0544.jpg
DSC_0547.jpg
先生から教えてもらう言葉を上手にリピートしていました。
DSC_0555.jpg
DSC_0556.jpg
DSC_0558.jpg
本物を見て、練習をしましょう。これは何かな?
DSC_0559.jpg
DSC_0560.jpg
そして、洗濯したお洋服を干してみましょう。
DSC_0567.jpg
DSC_0568.jpg
DSC_0571.jpg
DSC_0573.jpg
DSC_0577.jpg
DSC_0578.jpg
上手に干せました。
あとは乾かすだけ!
DSC_0584.jpg
DSC_0585.jpg
DSC_0587.jpg
さて今日は、理科室へ行ってオリジナルのお洋服を作ってみます。
DSC_0589.jpg
先生から作り方を教えてもらいます。
小さく折って、角のところに好きな色の絵の具をしみこませます。
DSC_0593.jpg
DSC_0594.jpg
DSC_0597.jpg
DSC_0598.jpg
色をしみこませたら、そっと開いて水気をとると・・・
DSC_0599.jpg
DSC_0601.jpg
とてもきれいな模様の服に!
DSC_0603.jpg
DSC_0604.jpg
DSC_0605.jpg
DSC_0606.jpg
DSC_0607.jpg
DSC_0608.jpg
出来上がったお洋服をそっとお教室まで運びます。
DSC_0609.jpg
DSC_0610.jpg
DSC_0613.jpg
DSC_0614.jpg
さあ、作ったお洋服を干してみましょう。
じゃじゃーん!洗濯物干しボードです。
DSC_0616.jpg
DSC_0617.jpg
みんな自分のお洋服を一生懸命ハンガーにかけていました。
DSC_0618.jpg
DSC_0620.jpg
DSC_0621.jpg
DSC_0622.jpg
DSC_0623.jpg
お土産のレインコートももらい、出来上がりです。
DSC_0626.jpg
DSC_0627.jpg
素敵なお洋服ができあがりましたね!
ウェイティングタイムで作ったお人形に着せて遊んでくださいね。
DSC_0628.jpg
来週は、最後のプリプライマリークラスです。
楽しいプログラムを準備して待っています!

<保護者クラスの内容>
今回は年明け始めでしたので、参加者の皆様がどのような年末年始を過ごされたかを発表していただきました。
その後、シスターとして生涯を生きられた渡辺和子さんの著書「置かれた場所で咲きなさい」の中の「親の価値観が子供の価値観を作る」から考えました。
水道工事をしている人たちのそばを通りながらある母親は 「おじさんたちが、こうして働いてくださるおかげで、坊やはおいしいお水が 飲めるのよ。ありがとうといって通りましょうね」と言い、また、ある母親は 「坊やも勉強しないと、こういうお仕事をしないといけなくなるのよ」言います。このように同じ事柄でも違う価値観を、植え付けてしまう危険があります。 人のことを思い、感謝の気持ちを持てる価値観を伝えたいものです。

posted by saniku-preprimary at 13:59| 日記